滋賀県と北方領土

 江戸時代後半に近藤重蔵が、北海道本島や国後島、択捉島など北方領土の探検にあたりましたが、のち大溝藩(現在の高島市)にお預けの身となり、その間、近江の人々に多くの影響を与えました。

 また、近江商人は、北海道の漁場の開拓などに活躍したほか、北方領土の開発にも深くかかわってきました。

 現在、近江八幡市と松前町、東近江市と江差町が姉妹提携を結んで交流しているのも、そうしたゆかりがあるからです。

近藤重蔵と大溝藩

近藤重蔵.JPG

近藤重蔵甲冑姿の肖像
(近藤重蔵翁顕彰会所蔵)

 北方探検で有名な近藤重蔵は、1771年(明和8年)江戸町奉行配下の与力の家に生まれました。与力という職は、町人に対しては大きな権力を持っていましたが、一代限りの役職であって、正式な幕府の役人ではなかったのです。

 そこで、重蔵は、幕府の「学問吟味」(役人登用試験)を受け、最優秀の成績で合格し、長崎奉行の役人になりました。長崎で海外の情勢を見聞した重蔵は、北海道や北方領土周辺の動向に強い危機感を抱きました。

 その頃、ロシアは、千島列島ぞいに活発な南下活動を続け、各地で紛争が起きていました。そこで幕府も調査団を派遣し、北方の防備や開発に真剣に取り組みはじめました。

 重蔵は、28歳で念願の「松前蝦夷地御用」を命ぜられ、1798年(寛政10年)最上徳内と共に荒波を越えて択捉島に上陸し、丹根萌に「大日本恵登呂府」の標柱を建て、日本の領土であることを明らかにしました。重蔵は10年の間に5回にわたって、北海道や北方領土を探検し「辺要分界図考」など貴重な資料を幕府に提出しました。

 その間、彼は、特に択捉島の開発に力を注ぎました。新しい漁場を開いたり、アイヌ人に漁法を教え漁具を与えるなど、生活の向上に努めました。また、本土のような村々の組織をつくったり、苦心して集めた資料をもとに、札幌を中心とする北海道の開拓計画を幕府に進言しました。この計画が明治時代になって実現されたことからいえば、先見の明があったといえます。

 その後、重蔵は不幸な事件に巻き込まれ、幕府の命令によって大溝藩にお預けの身となりました。重蔵にとってまことに無念なことであったにちがいありません。

 ところで、大溝藩は小さな藩ながら学問を好む気風がありましたので、重蔵を丁重にもてなしました。そして重蔵の風格と識見は、おのずから藩内の人々に大きな感化を及ぼしました。重蔵は気の向くままに、書物を読んだり、藩士を相手に意見をかわしたり、漢詩を唱和したりしました。

 暇があれば裏山を散歩し、植物採集を楽しみました。そして「江州本草」(植物図鑑30巻)を著しましたが、残念ながらそれは、現在残っておりません。

 重蔵の学識は、地理や歴史、政治経済、自然科学などの広い分野にわたり、著書も千数百巻に及んでいます。
 大溝藩のお預けの身となって2年あまりの後、重蔵は病に倒れ、1829年(文政12年)59歳で亡くなり、この地に葬られました。

近江商人の活躍

 近世の初めのころになると、近江商人たちは、全国的に商業活動をしたばかりでなく、遠くは東南アジアの国々まで足をのばしました。この近江商人の故郷は、近江八幡、五個荘、日野、愛知川、能登川、柳川、薩摩など湖東地方を中心として全県下に分布しており、その発祥の歴史は鎌倉時代にまでさかのぼるといわれています。

 1602年(慶長7年)津軽の鰺ケ沢に出店を開設し活躍していた柳川(現在の彦根市)出身の田付新助は、共に活躍していた同郷の建部七郎右衛門と一緒に、1610年(慶長15年)北海道の松前に渡り、福山に出店を開いて、本州との交易に従事しました。

 その後、薩摩(現在の彦根市)出身の宮川権右衛門や八幡(現在の近江八幡市)の商人であった岡田弥惣右衛門、西川伝右衛門たちが、松前に出店を開いています。

 松前を中心として北海道全域に商業活動をした商人たちは、1804年〜1817年(文化年間)には、国後島にまで進出し、19か所に及ぶ地域にそれぞれ出店を設け、漁場の組織的な開発や漁法の改良、産業の育成振興に大きな貢献をしました。

 このようにして目覚ましい活躍をした八幡、柳川・薩摩の商人たちは、両浜商人と呼ばれ、松前藩との間に場所請負人のとりきめを交わし、幕末まで大いに活躍しました。

 一方、枝村(現在の豊郷町)出身の藤野喜兵衛は松前に渡り、努力して開業し、1806年(文化3年)には松前藩から数か所の場所請負を許可されました。そして1817年(文化14年)千島、国後島を手始めに根室、花咲、目梨、色丹島、択捉島を請け負って活躍し、北海道や北方領土の産業の発展に尽くしました。

 松前に拠点をもち各地で活躍した商人たちは、次第にその数を増し、商いも大きくなりました。北海道で買い入れたさけ、にしん、こんぶなどの海産物は、自分たちの持ち船(松前船といわれる)によって京都、大阪へ運びました。

 その輸送経路は、日本海から敦賀港を経て琵琶湖を利用するものと、日本海から瀬戸内海を経由するものがありました。そして北海道へはこの逆コースによって衣料品、小間物、雑貨、荒物などの物資を運び、往復取引によって繁栄したのです。

 明治維新後、1869年(明治2年)場所請負制度が廃止されたことによって、両浜商人たちは次第に出店を閉鎖しましたが、江差を中心として活躍していた五個荘商人、能登川商人(現在の東近江市)たちは、時代の動きに左右されることなく1904年〜1905年(明治37年〜38年)ころには北海道全域に500余りの出店を作りました。

 このように、近江商人の活動は商業活動にとどまることなく、田畑の開墾、銀行の設立、商品取引所の開設、織物工場の建設、炭鉱の開山など、北海道の開拓と文化の向上に尽くした功績は、今日でも高く評価されています。