北方領土返還要求運動滋賀県民会議とは

結成式.JPG1976年(昭和51年)4月に、各都道府県ごとに地方推進委員1名が委嘱され、その人を中心に県民会議の結成が呼びかけられました。はじめは、パンフレットの配布、署名運動などの啓発活動が行われていましたが、政府が1981年(昭和56年)1月の閣議で2月7日を「北方領土の日」と定めたことによって、県民会議結成の気運が急速に高まりました。

 そして、1982年(昭和57年)10月8日、県医師会館において会員団体等から170名が出席して県民会議の設立総会を行いました。現在では、県・県議会および市町・市町議会、民間団体など168団体が会員となって、返還要求運動を展開しています。

北方領土返還要求運動滋賀県民会議役員名簿(H28.5.30) 北方領土返還要求運動滋賀県民会議規約