県民のつどいの開催、北方領土視察団の派遣、署名運動や中学生作文コンクールの実施など、県民の方々に北方領土問題の理解を広めるため啓発を行っています。
 また、毎年、根室市の中学生と県内の中学生との交流を滋賀県と根室市で行っているほか、北方領土問題対策協会が実施するビザなし交流事業や研修会に参加するなど取り組みを行っております。

 毎年、総会の場において、当県民会議の旧年度の事業報告や新年度の事業計画を報告し、会員に議決を諮っています。

 総会の終了後、北方領土に関する研修会を開催し、会員の北方領土問題への造詣を深めています。

 ※令和4年度の総会は、6月20日に開催しました。

<令和4年度の総会および研修会の様子>

※写真をクリックすると大きくなります。

 北方領土問題の認識を深め、現地の人々との交流を通じて返還要求運動の輪をさらに強く大きくすることを目的に、昭和57年以降、毎年、北方領土視察団を北海道根室市や北海道庁などに派遣しております。第40回目となる令和4年度は県内各地から集まった41名の団員を派遣しました。

 当日は、納沙布岬から歯舞群島などを臨むことができ、北方領土の近さを実感するとともに、「北方領土は我が国固有の領土である」という思いを強くしました。

<納沙布岬>                                                                                        <北方館>

※ 写真をクリックすると大きくなります。 

 毎年、2月7日の「北方領土の日」を記念して、北方領土返還要求運動の一層の推進を図るため、県民のつどいを開催しております。

 令和4年度の「県民のつどい」は以下のとおり開催を予定しています。

  ・日 時: 令和5年2月15日(水)13時〜16時

  ・場 所: 栗東文化芸術会館さきら 中ホール(栗東市綣二丁目1-28)

  ・内 容: ・北方領土講演会

        ・「私たちと北方領土」作文コンクール表彰式 

   ▼チラシ(電子版)はこちらからダウンロードしてください。
   チラシダウンロード

2023「北方領土の日」県民のつどい YouTube LIVE


<令和元年度のつどいの様子>

  毎年、県内の中学生を対象としまして、「私たちと北方領土」作文コンクールを実施しております。これは、次代を担う若い人に北方領土問題を正しく理解し、一人ひとりの問題として関心を持っていただくためです。

 令和3年度は、9月〜10月末まで作品を募集し、県内8校の中学校から355編の応募がありました。

 最優秀賞・優秀賞5名を決定しました。

 ※令和2年度および3年度は、2月に行う表彰式を新型コロナウイルス感染症の影響により中止しました。

 令和3年度の入賞者:

受賞名 氏名 学校名 学年
滋賀県知事賞 北條 登子 滋賀県立守山中学校
県民会議会長賞 翏木 来望 草津市立草津中学校
滋賀県教育長賞 内田 知子 滋賀県立守山中学校
滋賀県市長会会長 鹿谷 優衣奈 滋賀大学教育学部附属中学校
滋賀県町村会会長賞 國井 美晴 滋賀大学教育学部附属中学校

 令和元年度の表彰式の様子 

記念撮影

作文発表

また、入賞者については、3月下旬に北海道根室市へ派遣しています。

※令和2年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により中止しました。

※下の写真は平成30年度実施の様子

四島のかけ橋にて

北方領土クルーズにて

 毎年、8月に北方領土問題の原点の地である根室市より次代を担う青少年を受け入れ、滋賀県を学習するための現地研修を実施するとともに、県内の中学生と交流を図ることで互いの相互理解を深め、北方領土問題にかかる啓発を図っています。

 令和4年度は、根室市少年弁論大会の優秀者5名が8月9日より来県しました。

<近江神宮>
 <カヤック体験>

※ 写真をクリックすると大きくなります。

 毎年、8月に近畿ブロックの北方領土返還要求運動府県民会議が共同で、小中学生と教育指導者向けに研修会を行っています。

 令和4年度は、奈良県で開催され、滋賀県からは、14名の中学生と1名の教員が参加しました。

このたびは、県民会議のホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

北方領土問題、県民会議の活動等へのご意見・ご感想がございましたら、下記のフォームによりご連絡ください。

必須

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。

必須

※2500 文字以内でお願いします

テキストを入力してください

容をご確認の上、よろしければ上記ボタンをクリックして下さい。
(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)